スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嶺南印象園

とき:2009年3月

広州に新しくできた昔の街を復元したテーマパーク。

09年3月090嶺南印象園

09年3月091嶺南印象園

09年3月094嶺南印象園

こういう復古的なものを楽しめるほど中国人の生活に余裕がでてきたってことだなって思う。

内容的には大したことはないけど、市内から1時間ぐらいで行けるしちょっと気分転換に行くにはいいかもしれない。

09年3月123嶺南印象園#

09年3月103嶺南印象園

いくつか表演(ショー)もあるし。

09年3月101嶺南印象園

店が連なっている中心エリアでは「京劇」のようなものが見られた。

09年3月117嶺南印象園#


09年3月119嶺南印象園#

「茂記」という店で「龍門家郷餅」というマカオの杏仁餅のようなものを買う。こちらは米でつくった「炒米餅」なのだけれどなかなかおいしかった。

09年3月121嶺南印象園#

地下鉄4号線の「大学南」のB出口から出て少し歩く。
地下鉄の駅の中には案内がないから少し戸惑うけど外に出ると大きな標識があるので迷うことはない。
このあたりはまだ開発途上でちょっと郊外に来たような感じ。

入場料45元。

それにしても帰りの地下鉄は注意が必要。「大学南」の駅は行く方向によって改札が違っていて、来たときの改札から入ると反対方向には行けない。これは明らかに設計ミスだと思う。ボクのように間違えて改札を入ってきた人たちが何人もいた。
スポンサーサイト

theme : 中国旅行
genre : 旅行

看真D.com (広州)

とき:2009年5月
場所:広東美術館

第三回広州国際撮影双年展(2009 GUANGZHOU PHOTO BIENNIAL)に行ってきた。

09年5月看真D.com

テーマとなっている「看真D.com」は「看真D」という広東語の方言(よりはっきりと見るといった意味)とネット社会の象徴である「.com」という言葉の組み合わせ。
カタログの説明がいまいちわかりにくいけど、テーマの意味は写真とリアルライフとの関係、あるいは写真の社会学的意義を「検索」すること、ローカリティとニューメディアの影響を見ることといったことらしい。

羅洋 「The Girls」
09年5月The Girls

こういう若者の日常生活を切り取った写真は好き。ナンゴールデンを思い出す。


榮榮&映里
09年5月榮榮映里

ちょっとアーティスティックな写真。


宿志剛 「Code」
09年5月Code

無数の証明写真を並べた作品。ひとつひとつ見ていくと面白い。
09年5月Code2


遅鵬 「麦田」
09年5月麦田1
09年5月麦田2

同じ麦畑を背景に子供たちと案山子が交錯する。アイデアが面白い。


庄学本 「四川省嘉戒少女(1934)」
09年5月四川省嘉戒少女

中国の人気女優の周迅にちょっと似ている。すごく存在感のある写真。こういう存在感はどこから来るんだろう?

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

chinausa

Author:chinausa
1999年頃から仕事で中国に来るようになって、中国好きに。
中国アートに興味があり、好きな画家は艾軒、馮長江、趙半狄、江衡など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。