スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海らしい風景

街にはアイデンティティがある。
街を歩いていると、上海らしいと思う風景に出会うのだけれど、それが今、都市化の流れでどんどんなくなっていくような気がしてならない。

以下、ボクが感じる上海らしさ。

プラタナスの街路樹。まあ、これは誰でもそう思うだろうなあ。
プラタナス_08年3月汾阳路#
↑08年3月汾陽路

赤い電話ボックス
ポスト_10年3月茂名路#
↑10年3月茂名路

突き出た洗濯物。
これは前に書いた。

黄色っぽい壁に茶色の窓枠、三角の茶色の屋根、煙突。
これはいろんなパターンがあって面白い。
レンガ屋根_09年6月華山路×江蘇路#
↑09年6月華山路×江蘇路
これは最近建てられたのかな?

レンガ屋根_10年1月禺園路#
↑10年1月禺園路
これは昔からある感じ。

レンガ屋根_10年3月茂名路#
↑10年3月茂名路
こういう感じもよく見るなあ。

レンガ屋根2_07年3月昌化路#
↑07年3月昌化路
これはかなり歴史を感じる。

レンガ屋根2_10年3月茂名路×南昌路#
↑10年3月茂名路×南昌路
こういう煉瓦でつくったやつもときどき見かける。

レンガ屋根2_09年11月永嘉路#
↑09年11月永嘉路
ちょっと要素がミックスされた感じ。

黄色い壁_10年3月吉安路#
↑10年3月吉安路
こんな感じもあるなあ。

色的には黄色っぽい壁に茶色のアクセントが入ってるのが上海っぽい。
レンガ模様_09年10月淮海路#
↑年10月淮海路

レンガ模様_09年12月#
↑こういう茶色の煉瓦で模様をつけられたのもよく見る。

レンガ模様_ 08年3月復興路#
↑08年3月復興路

石壁_06年8月桃江路#
↑06年8月桃江路
こんな石壁も上海っぽい。

石壁_10年3月巨鹿路#
↑10年3月巨鹿路

屋根の上に出窓のようにつくられたもの
出窓_09年11月新閘路#
↑09年11月新閘路
こういうの、何ていうんだろう。独特。

出窓_07年3月莫干山路#
↑07年3月莫干山路

出窓_064石門一路#
↑07年3月石門一路

出窓_09年11月海倫駅南#
↑09年11月海倫駅南

コーナーに円く建てられた建物。
コーナー_09年9月石門一路#
↑09年9月石門一路

コーナー_10年1月北京路#
↑10年1月北京路

そして、もちろん、里弄、石庫門。
里弄_09年10月秦興路#
↑09年10月秦興路
ここはNHKの土曜ドラマ「上海タイフーン」のロケ地になったらしい。

里弄_10年3月夢花街#
↑10年3月夢花街

街を歩くほど、その街が好きになってくる。
こういう風景が消えないで欲しい、と思う。
スポンサーサイト

theme : 中国
genre : 海外情報

犬の街 (広州)

上海が猫の街なら、広州は犬の街だ。
猫もいるけど、犬によく会う気がするし、会ったときのインパクトが大きい。
野良犬と思しきやつらがけっこういて。

07年11月珠江公園近く#
↑07年11月珠江公園近く

09年3月仁威廟#
↑09年3月仁威廟

09年4月宝華路#
↑09年4月宝華路

09年4月小洲1#
↑09年4月小洲

09年4月小洲2#
↑09年4月小洲2

theme : 中国
genre : 海外情報

猫の街 (上海)

ふと思う。
上海は猫の街だ。
歩いているといたるところで猫に会う。
それに比べて犬に会うことはあまりないような気がする。
特に野良犬には。

07年3月上海昌化路#
↑07年3月上海昌化路

09年6月上海淮海路#
↑09年6月上海淮海路

09年9月上海皋蘭路#
↑09年9月上海皋蘭路

09年10月上海老站#
↑09年10月上海老站

09年11月上海工芸美術博物館#
↑09年11月上海工芸美術博物館

10年1月上海彫刻公園#
↑10年1月上海彫刻公園

theme : 中国
genre : 海外情報

消えゆく街 (上海 呉江路)

とき:2010年3月

今年の2月末で呉江路(東側)は閉鎖された。

10年3月呉江路#
↑2010年3月

古い小吃街は取り壊され、新しく高層ビルが建つという。

かつてここにあった小楊生煎館は今はもうない。

09年12月呉江路2#

年末に訪れたときにはすでにセメントで塗り固められていた。

09年12月呉江路3#
↑2009年12月

上海にどんどんデザイナーズレストランとかが増えていくのを最初の頃は楽しんでいたけど、最近は少し食傷気味になりつつある。
上海の古い街並みがだんだん貴重なものに思えてきている。

09年12月呉江路4#

おいしいと聞いていた「华华川菜館」、行こう行こうと思っていてとうとう行けなかったな。

西側はすでにクリスピークリームドーナツの店も出店しているしゃれた通りになっている。

09年12月呉江路5#

theme : 中国
genre : 海外情報

上海地下鉄マナー広告

とき:2010年2月
最近、上海で地下鉄に乗るとマナー広告をよくやっている。

上海地下鉄マナー広告

「エスカレーターは右に寄って左は急ぐ人のために空けましょう」とか、
「降りる人が先で乗る人は後から」とか。
上海に来て思うのは、もしかしたら地下鉄のマナーは広州よりも上海の方がわるいんじゃないかってこと。
広州ではちゃんと整列乗車していた気がするし、エスカレーターも電車で来ていて速く行きたいのに前がぜんぜん動こうとしなくてイライラすることはあまりなかった気がする。

みんな上海の方がよくて広州はダメ、なんて言う。
でも全部が全部そうじゃないんじゃないか。
ある部分、上海の方が後れているんじゃないか。
街がどんどん都会化されていっている分、よけい非文明的なところが目立ってしまう。
広州では電車の中にまで物乞いが乗ってきてお金をせびるなんてことはなかったし。

地下鉄のマナー広告が始まってから、気のせいかすこしだけエスカレーターの通りがよくなった気もする。
広告が効いているとしたら、嬉しいことだ。

theme : 中国
genre : 海外情報

Kalafina ライブ@上海

とき:2010年2月28日
場所:MAO Livehouse 淮海西路570号

Kalafinaのライブが上海であった。

kalafina

Kalafinaはアニメ「空(カラ)の境界」の主題歌のために結成された音楽プロジェクトで、現在はWakana, Keiko, Hikaruの3人の女性グループ。

18時の開場時間に行くと、すでに長蛇の列でびっくり。

MAO

中国にもこんなにファンがいたんだ、とちょっと驚く。
ボクでも最近「空の境界」を見て知ったばかりなのに。
大学生ぐらいの若い中国人カップルが多い。
整理券が配られたらしく、整理券を持っていないボクらは待たされて最後の方に入る。

19時の開演時間を少し過ぎて、3人が登場。
「Lacrimosa」(「黒執事」のエンディングテーマ)でスタート。
のっけからいい。

MCは日本語。
中国人はわかるのかな?なんて心配は無用。
Keikoが「女の子」のことを「女孩」というべきところ、「小姐」と言って通じなくて、日本語で「女の子」と言ったら通じたり、
Hikaruのシャイな感じに「かわいい~」と声が上がる。

とても楽しくてノリのいいライブだった。
あっという間の2時間半。

ライブハウスを出るとあちこちで爆竹が鳴っていて、ライブの余韻が続く。
今日は元宵節。

theme : 中国
genre : 海外情報

プロフィール

chinausa

Author:chinausa
1999年頃から仕事で中国に来るようになって、中国好きに。
中国アートに興味があり、好きな画家は艾軒、馮長江、趙半狄、江衡など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。