スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陳逸飛」藝術展

とき:2010年4月
場所:上海美術館

陳逸飛は浙江省鎮海県(寧波)の出身で海派文化(上海文化)を代表する人物の一人。
復古調の絵が特徴的で中国にしばらくいる人であればどこかでそういう彼の絵の複製あるいは似せた絵を目にしたことがあるのでは。

1999年に297万元で落札された「潯陽遺韻」

陈逸飞_浔阳遗韵

これは残念ながら今回出品されていなかったけど、彼の本物の絵を見られる貴重な機会だった。

展示室に入るとすぐに「罂粟花」が目に入る。

10年4月陳逸飛展#

すごく繊細で美しい。やはり本物は違う、と思う。
似たような絵はたくさんあるけど、なんていうか色がすごく奥深く重層的に感じられる。これに比べると偽者はすごく薄っぺらだ。

陳逸飛の絵は全部こんな感じかと思っていたけど、今回来てみていろいろなスタイルで描かれていることがわかった。
「罂粟花」のように筆の跡を残さないアカデミズムのようなスタイルもあれば、粗いタッチで描かれているものもあった。

描かれる対象も女性だけでなく、チベット族や水郷の風景、
2007年に4032万元という高値で落札された「黄河頌」のようなものもあった。

多彩な人で、「Layefe」というファッションブランドをつくっていたのは知っていたけど、
浦東の世紀公園前にある巨大なオブジェ「日晷」(日時計)を作ったのも彼だし、Visionという雑誌をつくったのも彼だと、今回の展覧会でわかった。
また、現在観光地になっている田子坊とも関係の深い人だったらしい。

2010年4月11日-5月9日
スポンサーサイト

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

上海植物園 桜

とき:2010年4月

清明節の3連休、よく晴れたので、桜を見に行く。
上海で桜といえば、やっぱり上海植物園かなあ、ってなわけで上海体育場からタクシーに乗って行った。

前に来たときは静かな公園っていうイメージがあって、しっぽり観賞しようと思ったのだけれど、着いてみると入場券売り場からして人だかりができていた。

入場料15元を払って中へ。

中に入っても人、人、人。
それに、どこに桜があるのやら。。。

2号門から入ってすすんでいくと、やっと1本桜を発見。

10年4月上海植物園1#

さらにすすんでまた、1本。

なんだ、上海植物園の桜ってこんなもんだっけ?といぶかりながらさらにすすんでいくと、
あった、あった。

3号門の近くの池のまわり(槭樹園近く)にはたくさんの桜が生えていた。

10年4月上海植物園2#

人は多いけれど、青い空をバックに見る桜はホントに和むなあ。
かなり本格的に花見ができる。

10年4月上海植物園4#

花見風景は日本とあまり変わらない。

10年4月上海植物園3#

ここには桜だけでなく、垂絲海棠(花海棠)や梨の花もあって、中国の春が楽しめる。

10年4月上海植物園5#
↑垂絲海棠

10年4月上海植物園6#
↑梨の花

theme : 中国
genre : 海外情報

プロフィール

chinausa

Author:chinausa
1999年頃から仕事で中国に来るようになって、中国好きに。
中国アートに興味があり、好きな画家は艾軒、馮長江、趙半狄、江衡など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。