スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西藏(チベット)へ (2005年8月) 4日目 ヤムドゥク湖

【羊卓雍湖(ヤムドゥク湖)】

4日目はラサの南に位置するヤムドゥク湖へ。
きのう行ったナムツォとは反対方向だ。
ヤムドゥク湖は標高4440m、チベットの魂が宿っているといわれるチベット4大聖湖の1つ。

今日は朝から雲が垂れ込めていてすっきりしない天気。
外を見ても雲が山の中腹まで下りてきているので景色がはっきりしない。

しばらく走ると車は山を登り始め、途中深く岩が削りとられた峡谷のような場所が見えた。

023カンパ峠に向かう途中#

標高4749mのカンパ・ラ(カンパ峠)に着く。
雲が蒸気のように下から上がってくる感じで、ボクらがいかに高い場所にいるのかを感じさせた。

024カンバ峠#

カンパ峠はヤムドゥク湖を一望できるビューポイント。
すでにたくさんの観光客が来ていた。

025カンパ峠#

水の青がきれい。「トルコ石の湖」と言われるだけある。

026カンパ峠#

曇っていてもこれだけきれいなのだから晴れていたらどんなにきれいなことかと思う。

聖地でもあり、タルチョがはためいていた。

027カンパ峠#

そこから湖に向かって下っていく。

028ヤムドゥク湖のあたり#

029ヤムドゥク湖のあたり#

途中の街で昼食。

030ヤムドゥク湖のあたり#

子供たちがビリヤードに興じているのが珍しくてカメラを向けるとみんな撮られまいと逃げまどった。

031ヤムドゥク湖のあたり-10カメラから逃げる子供#

魂を取られてしまうと思われたのだろうか?

カロー・ラ(カロー峠)へ。 
7000m級の山々にある万年氷河が見られる。

032カロー峠#

標高5,045mということもあるけど、雨がぱらついていて風も強く持ってきたフリースを着こんでもかなり寒かった。

033カロー峠#

ここにも観光客相手に写真を撮らせて金をせびる子供がいた。

034カロー峠#

折り返してラサへ。

途中、ヤムドゥク湖のほとり。
この頃少し青空が広がってきて、青い空を背景に湖はものすごく美しく見えた。

035カロー峠からの帰りヤムドゥク湖#
スポンサーサイト

theme : 中国旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

chinausa

Author:chinausa
1999年頃から仕事で中国に来るようになって、中国好きに。
中国アートに興味があり、好きな画家は艾軒、馮長江、趙半狄、江衡など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。